無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話☁︎
あなた『ねぇ~!見てみて!ユンギ!これ、懐かしいでしょ~ㅋㅋ』





そう言って俺に見せてきたのは、あなたが小さい時にいつも手に持っていたライオンのぬいぐるみだった。








俺はそのぬいぐるみを見ると何故か心が落ち着く__






ライオンのぬいぐるみはまるで、俺の心を嫌してくれる薬的存在だった__







あなた『ねね!このライオンのぬいぐるみ、あげる~!ㅋㅋ』



ユンギ「いいのか?ㅋㅋ」


あなた『うん!いいのいいの!貰ってよ~!』



ユンギ『んじゃ、貰うㅋㅋ』





俺はあなたが持っていたライオンのぬいぐるみを貰った___




この時凄く嬉しかった__








だって








俺が貰える最後のあなたからのプレゼントだと思ったから__









でも







嬉しいはずなのに







俺の目からはかってに涙が出ていた__







next