無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

63
2021/06/19

第10話

🌿.10

その後朝食をとって

商店へ買い物に行こうとしたとき

人混みがこちらへ来るのが見えてきた





ウォヌ
ウォヌ
......っなんだ???


視力の弱い目を細めて

その人混みをみてみると

村にいる女性全てを集めた数の

女性の村であった。

そして、その村が今こちらへ

押し寄せてくる。




ウォヌ
ウォヌ
騒がしいな...
(なまえ)
あなた
朝から何の騒ぎかしら???
ウォヌ
ウォヌ
あっ...お久しぶり...です
(なまえ)
あなた
どうも。それより何なのあれ???
ウォヌ
ウォヌ
いや、わかんない...
(なまえ)
あなた
見に行ってみましょうよ。
ウォヌ
ウォヌ
いやだよ...僕はああ言う人混みが
どうも苦手でね。
(なまえ)
あなた
そうなの、じゃあ一人で行くわ。



彼女はそう言ったけど

何故か今は彼女といたくて

咄嗟に




ウォヌ
ウォヌ
僕も行くよ...
と言ってしまった。



すると彼女はこちらに振り向いて



(なまえ)
あなた
なら、早く行きましょう???

と言って、明るい笑みを僕に見せた。