無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🌿.11
33
2022/04/03 09:45


しばらく人混みの中で待っていると
高身長の同じくらいの年齢の男が
高そうな車からでてきた。




(なまえ)
あなた
なんかあなたと似てる
ウォヌ
ウォヌ
どういうことだ...?
(なまえ)
あなた
いかにも都会の男性って感じ?



たしかにその男は高そうなスーツで
身を包み、腕には高そうな時計
足には高そうな靴をまとっていた。



近所のおばさん
あら、あなたちゃんも来たのかい?
(なまえ)
あなた
あ、おばさん。
近所のおばさん
なんだ、あんたも一緒なのかい。
ウォヌ
ウォヌ
あ、はい。
(なまえ)
あなた
ねぇおばさんあの男何者なの?
近所のおばさん
どうやらこの町に越してきたみたいなんだけどね、あまりにもイケメンだからって皆盛り上がってるのよ笑
(なまえ)
あなた
そんなに盛り上がるほどかしら...
近所のおばさん
だってさ、この町なんて年寄りばっかりだから若い男でしかもイケメンなんて言ったら、そりゃ盛り上がるでしょ...
(なまえ)
あなた
ふーん
 

彼女は興味なさそうにその男を
じーっと見ていた


しばらくして何を思い立ったのか彼女は

(なまえ)
あなた
ねぇ、話しかけてみましょうよ。



と言った。