無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

(👦🏻)






そー言ってもそいつは動かないどころかカバンから何かをとりどした。






👧🏻「はい!これはれば治るわよ」






絆創膏…こんなんで治るわけねーよ






👧🏻「((ペタッ これで治るわね」






彼女の手は雨に濡れて冷たいはずなのに、不思議と暖かく感じた。





_____________________________________



頼む。俺を可哀想な目で見るな、






俺は可哀想なんかじゃない。






最低なヤツなんだ。






もう、ほっといてくれ






大切なものを失うのはもう懲り懲りなんだよ






👧🏻「酷い怪我してるじゃない」





グク
グク
うるせぇな、おめぇに関係ねぇだろ