無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

(👦🏻)










いきなり走り出すとは思ってなかった私は落ちそうになって
















じょんぐくの背中にギューってしがみついた。
















いきなり動かさないでよ。
















落ちるとこだった…
















なんて文句言ったら、また何か言われるだけだから黙っとこ。