無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

(👦🏻)


なんだろうこの気持ち。





グク
グク
あなたって感情豊かだよな
you
っえ…??






私が…?いつも無表情で何考えているか分からないって言われる私が?





グク
グク
泣き虫だったり、今みたいに急に笑ったり、困ったり、十分すぎるくらい豊かだよ






私ってそんなにコロコロ変わってたの?






自分じゃ全く気づかなかった。





グク
グク
で、あなたは何歳になったんだ?






まだあなたと呼ばれることに慣れないせいか、なんか胸がくすぐったくなった。





you
…17歳です。






高校2年生。そんなに楽しいものでは無い。寧ろ、楽しくない。






みんなが楽しいと幸せそうに送る青春など無ければ、好きな人もいないんだから。





グク
グク
へぇ、俺と同じじゃん
you
えぇっ!
グク
グク
なんだよ急に






彼はムッとしたように私を見た。






うっそ、とても同い年には見えない…






もっと年上で20歳くらいかと思ってた。






大人っぽい人だなぁ、子供っぽい私とは大違い。





you
同い年には見えないです…
グク
グク
あ?それは、俺が老けてるって言いたいのか?
you
えっ、!いや!ち、違います!大人っぽいって意味です!






老けてるだなんてそんなこと!!






すっごいイケメンだもん。






______________________________________