無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第88話

(👦🏻)











今度はちゃんと乗れたもんね
















またブルルルルルルと鳴らして出発した 。
















ショッピングモールから防弾高校まではそんなに遠くなくて、10分くらいらしい
















グク
グク
しっかり掴まっとけよ
you
わ、わかってるよ











こういうことサラッと言っちゃうんだよなぁ〜
















なんて思ってたら着いた
















防弾高校は私が思ってたところよりずっと気味が悪かった…
















超超超いかにも不良しかいません!って感じ…