無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

(👦🏻)
you
んんっ…






朝の日差しで目が覚める。






眠たい芽を擦りながら周りを見ると、昨日居たところではないことに気づいた。





you
…ん??







ふと横を見ると、そこには目を閉じてすやすやと眠っているじょんぐくの姿があった。






you
えぇっ!?






どうりで寒くないわけだ。






だってふかふかの布団と毛布があるんだもん。






グク
グク
んだよ、
グク
グク
うっせーな
グク
グク
朝から大声出すんじゃねぇーよ…






ひぃっ…!!






聞こえてきたのは低い声…






you
え、なんで?
you
私ソファで寝てたよね??
グク
グク
お前、
グク
グク
あんなとこで寝て風邪ひきてぇのかよ






嘘でしょ…






運ばれたっ?!