無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

(👦🏻)
グク
グク
つーか、寒っ!
グク
グク
あー、誰かさんのせいで風邪ひきそうだわ






そう言いながら自分の身体を抱きしめるポーズをするじょんぐくに私は反論した。






you
あんたが早くお風呂から出てきて
びちょびちょのまま外に出たのが悪い!






本当は嬉しかったくせに、






私はほんと素直じゃない






こんな髪がびちょびちょのまま







出会ったばかりの私を必死に引き止めに来てくれたのに、







グク
グク
うるせぇな…
you
お礼にドライヤーしてあげるから座って?






このまま風邪ひかれても困るし、






せめてものお礼と、これからお世話になりますっていう私からのプレゼント(?)かな笑






you
確か、洗面台にドライヤーあったはず






じょんぐくを半ば強引に座らせ






ドタバタと廊下を走りながら洗面所へ向かい、






ドライヤーを手に取ってじょんぐくの所へ戻った