無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

(👦🏻)
グク
グク
これからも学校行くのか?






えっ、






じょんぐくの仲間を私に紹介してくれるの?!







________________________________________






バレてないと思ったのに






あっさりバレてるし






顔覆うので必死だよ。






じょんぐくといると寿命が縮まりそう…





グク
グク
よくできました






満足そうに ニコッ としながら






私の頭に手を置き ワシャワシャ と撫でた





you
…っ






急にそんなことするもんだから私の顔は真っ赤になる。






じょんぐくは無意識でやってるんだろうけど、






私からしたら、ドッキドキしてやばいんですけど





グク
グク
ハハッ 顔真っ赤だぞ
you
うっ、うるさい///
you
見ないでよ///
you
えっ、あ…どうしよう






これっぽっちも行きたくないし、






家かスマホに連絡来そうだし…





グク
グク
行きたくねぇんなら
グク
グク
今度俺の仲間紹介してやろーか?
グク
グク
怖ぇかもしれねぇけど