無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

(👦🏻)






ただ、そんな俺が変わったのはある雨の日。






その日も喧嘩して顔にたくさん傷を付け、体力も底尽いて、土砂降りの中ネオン街の路地裏の壁にもたれ掛かるように座っていた。






あー、俺このまま死んでいくんだろうな…
誰にも看られずに。






その頃は心まで荒れていてジミナにはもちろん、棟の奴らとかは慕って向かい入れてくれたのに、失うのが怖くて素直になれず反抗していた。






そんなことを考えていた時…






______________________________________