無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

(👦🏻)
グク
グク
風呂はいってこいよ
グク
グク
下着はねぇけど服は貸せるから、
you
あっ、ありがとうございます






そう言い案内されたとこに行き、温かいお湯に浸かった






冷えきった体にはジーンとしみて、






心の凍りを溶かすようだった。





you
今日、色んなことあったな…






お母さん心配してくれてるかな、






居なくなって探してくれてるかな、






今日あったことを思い出していると






((ガチャ、バタン






あの人、どっか行ったのかな





you
やばっ、のぼせてきた。上がろ…






色々考えていて頭がぼーっとしてきたからお風呂をあがった






出たら着替えが用意されていた。






服はぶかぶかだったが温かかった。






私が160だから彼は180くらいか?デカッ←






いい柔軟剤の香りがして落ち着いた





you
お風呂頂きました、あの〜?






そう言い、暗いリビングに足を踏み入れると






))パチッ






電気をつけると、蝋燭に火がついたケーキが2つ置いてあった。






今日誰かの誕生日なのかな、?






))パァーン





you
っへ?






突然爆発音が聞こえて驚いて音がした後ろを振り返ると





グク
グク
あなた誕生日おめでとう






_____________________________________