無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

(👦🏻)
you
う、うん
you
わかった






軽く頷いた。






すると彼は悪戯っぽく





グク
グク
じゃあ、早速呼んでみろ






と、 ニコニコ しながら言ってきた。





you
えぇ、なんで
グク
グク
テストだよ。テスト
you
え、テスト?






する必要…ある?





グク
グク
ほーら言えよ
グク
グク
早く






グイッ っと私の顎をすくいあげた






私とじょんぐくの視線が必然的にぶつかる





you
や、やだっ!






な、なんでこんな恥ずかしいことしなきゃいけないのよ…






近いし…






こういう時私の悪い性格が出るんだよなぁ、






すぐ意地を張る性格…






だから喧嘩すんのか???






まぁ、すぐに直せる訳では無いのが計画なのよねー





グク
グク
俺がこんなにあなたって呼んでんのに
グク
グク
あなたは呼んでくんねぇんだ



________________________________________

切り方ァァァ!!←