無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

(👦🏻)
グク
グク
もう遅いし寝るか






時刻はもうすぐ24時






私の誕生日が初めていい日になった気がする…






1人だけだけど祝ってもらえて、






こんなに幸せなんだって思えた。





you
そうだね
グク
グク
じゃあ、俺風呂はいってくっから
グク
グク
寝たきゃ俺の部屋のベッドで寝な






そういうとスタスタと行ってしまった。






え、えぇ…






俺の部屋のベッドで寝な って言われても






とてつもなく困るんだが…






てか、じょんぐくはどこで寝るの?とか






どーしよー って思ってたらお風呂へ向かっていたじょんぐくが戻ってきて





グク
グク
安心しろ
グク
グク
別にお前を襲ったりなんかしねぇから
you
は、は?1ミリもそんなこと思ってないから!






そういうとじょんぐくは笑ってお風呂へ行った






そーゆーこと期待してたわけじゃないし






でも、恋愛対象として見られてないってことか…






なら、ラッキーー!






だって、男の人っていつ狼になるか分からないし






けど、そう思う一方でどこか寂しい。






見て欲しかったとか…ううん。






でもそんな気持ちはすぐ消す。






消せる。






だって、誰にも愛されたことの無い私が誰かを愛するとか無理な話だから…






今まで付き合ってた人を心から好きって言える?と聞かれれば迷わず首を振る。






私はそんな最低な人間なんだ…






________________________________________