無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

(👦🏻)






愛してくれるとは言ってくれたけど、






私彼女じゃないよね…?






その候補でもないんだよね?






探しても見つからない答えを、






私はいつまで探し続けるんだろう。






貴方との関係が変わる日はいつか来る?






でも、また声してめぐりあえたのは "運命" って思ってもいいのかな?






そんなことを思いながら少し前を歩くじょんぐくの背中を見つつ、






じょんぐくと一緒にさっきまでいた家に戻った。