無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

(👦🏻)
グク
グク
じょ、ん、ぐ、く






じょんぐくの瞳はお世辞だとしても 綺麗 とは言えないほど






悲しそうな瞳をしていた。






きっと、何かある…






けど、あったばかりの私の出る幕では無い。






聞くことなんてさらさら…





you
そんなこと言ったって呼ばないんだからね
グク
グク
repeat after me?
グク
グク
はい






え、防弾高校でも頭良いの?!





you
……(じょんぐく)






さすがに恥ずかしくて






ボソッ っと聞こえるか聞こえないかくらいの声で言った。









______________________________________