無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

(👦🏻)
__校長室.






入るとお母さんと担任と校長がいた。






私はお母さんが「うちの子がそんなことするはずない!」と言いに来てくれたのだと少しは期待したのだが、





お母さん
大変申し訳ありません!
you
、、っは?
お母さん
相手の方に怪我がなかったものの、、
あんたも頭下げなさいっ!






淡い期待など意味がなかった。





you
おかぁs…
お母さん
お母さんだなんて呼ばないで!
あなたなんか産まなきゃ良かった!






お母さんごめんなさい。この言葉も言わせて貰えず、しかも産まなきゃ良かった?






ずっと貯めていた何かがプツッと切れた





you
あっそう!もうあんたの前には二度と現れないから安心して






そういうと校長室を飛び出して、ロッカーの中の荷物を持って校門を出た。








_____________________________________