無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

(👦🏻)



突然雨が止んだ。






上を見ると見知らぬ女が俺の前に立って傘をさしていた






👧🏻「あの…こんなとこにいたら風邪引きますよ?」






……誰だよ






こんな奴ここら辺で見た事ねぇ






緊張しているのか少し声が強張っていた






もー既に濡れてる。なんて言ったら怒んのかな





グク
グク
俺に構うな。とっとと失せろ



____________________________________