無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

(👦🏻)
グク
グク
馬鹿か、
グク
グク
試着室でに決まってんだろ
グク
グク
誰もお前の裸なんて見たくねぇよ
you
し、失礼な!













朝からこいつはなんてことを言い出すんだ
















全く…酷いやつ。
















そりゃあ、私は背が高いだけでスタイルも良くないしイケてる体じゃないことくらいわかってる。


(あなたちゃんこんなこと言ってるけどスタイル良いし、いい体してます←)
















私はプンプンしながら、じょんぐくから買って貰ったばっかの服を持って試着室へ入った。
















改めて服を見ると、やっぱり可愛い
















ふわふわしていて、私には似合わなそうだけどすっごい私好み!
















ワクワクしながら着替える
















いつもならここに来るのは私ひとり。
















でも、今日は違う…
















じょんぐくと来てるから楽しいんだろうな
















なんか、もうひとりになれない気がしてきた