無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

(👦🏻)
you
ふーーん。…可愛いね






((なでなで







ついうさぎを撫でてしまった、







だって可愛いうえにふわふわしてるし…











じょんぐくに似てるから←








ん?今なんて、、







じょんぐくに似てるからって、







私がじょんぐくのこと好きみたいじゃん?!






そういえば私の部屋にもこんなの置いてあったな。






ふと、自分の部屋のことを思い出す







するとその時…







グク
グク
まっ、あなたの方が可愛いけどな
you
なっ、






じょんぐくからの不意打ち。






もう、全くそうやってまたからかう…






その度に心が トクン と高鳴るんだ






グク
グク
明日、俺の仲間に会う?
you
え、
you
ほんとに!!?
グク
グク
あぁ、
you
いいの!!?
グク
グク
あぁ、
you
行く!!!
グク
グク
 ハハッ 了解笑






楽しみだな






じょんぐくの仲間ってどんな人達なんだろう…






きっと、いい人立場だかなんだろうな…