無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

(👦🏻)
you
ごめん、重かったよね…






てか、すごい眠たそうに目擦ってるし






声低いし






まだ眠そう、






あと、じょんぐくって






朝目覚め悪い+寝起き機嫌悪いなのね。






これから気をつけなきゃ…







(((グイッ







you
うわっ
グク
グク
まだ朝早ぇーし行かねぇから寝る。
グク
グク
だからあなたも寝てろ
you
わ、わかったから
you
は、離して…?






腕を引き込まれてじょんぐくに後ろからバックハグされてる形になる。






一刻も早く解いて欲しい。






こんな状況じゃ寝れるわけないでしょ!!






心臓もたないし!!






グク
グク
そんなの知らね、
グク
グク
俺はもう寝るの
you
こんなの、寝れないよ…






耳元で聞こえるのはじょんぐくの甘くて低い声






きっと今、私の耳は赤いだろう。






こんなことされて耐えられるほど男慣れはしていない。






グク
グク
やだ、あなたは俺の抱き枕






…は?






はぁぁぁあ???






理不尽すぎる…