無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

622
2020/04/04

第4話

よん
学校
ツウィ
ツウィ
ねぇ、あと3分でチャイムなる
テヒョン
テヒョン
え?もうそんな時間?
ウヌ
ウヌ
早いね笑
ツウィ
ツウィ
、、、、、
ミンギュ
ミンギュ
でもっ俺が同じクラスじゃないと寂しいでしょ?
ツウィ
ツウィ
そんなん一言も言ってない〜
ミンギュ
ミンギュ
わぁ〜ツンデレだぁ
ツウィ
ツウィ
もう行くね
ウヌ
ウヌ
あ、危ないっ












ドンッ
グク
グク
痛った、、
ツウィ
ツウィ
すいません
グク
グク
、、いえ



















_
ツウィ
ツウィ
ほら、もう帰って?
テヒョン
テヒョン
ん〜
ミンギュ
ミンギュ
分かった〜
ウヌ
ウヌ
お昼の時間にまた来てあげるよおお
ツウィ
ツウィ
はいはい



















__


教室









ザワザワ
モブ子
モブ子
だれ?あの美人
モブ子
モブ子
知らないの!?
モブ男
モブ男
あの高嶺の花のチョウツウィさんだぞ
モブ男
モブ男
オーラがあって近づけないよな〜
モブ男
モブ男
それな〜
モブ子
モブ子
めっちゃ美人、、















_
ツウィ
ツウィ
あのっさっきは本当にごめんなさい、、
グク
グク
いや、もう過ぎた事なので
ツウィ
ツウィ
ペコ
ツウィ
ツウィ
お隣さん、よろしくお願いしますね
グク
グク
よ、よろしくお願いします、、










グクmine

高嶺の花かぁ

そんな人が隣だなんて、
緊張する、、、
























ツウィmine

グク?さんだっけ?

なんか無口で静か、




不思議な人___