無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

ーEpisode 37ー
五条悟
五条悟
あなた、あの男誰?
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
は?
五条悟
五条悟
誰だよ、あいつ
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
少ねぇよ、情報
五条悟
五条悟
この間の休暇で、あなたと一緒に
歩いてた男
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
…?ごめん、分かんない
五条悟
五条悟
とぼけんなよ
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
だから、知らないって
五条悟
五条悟
知らない奴と歩いてたの?
そうじゃねぇだろ、誰だよ
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
だーかーらー男とは歩いてないって
五条悟
五条悟
「たまにはいいだろ?」
「送ってくよ」
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
??
五条悟
五条悟
「可愛いな〜って」
「危ねぇな…
ま、そういうとこも好きだけど」
五条悟
五条悟
これ、あいつが言ってたセリフ
知らない訳ないよな?
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
……あ
いや、それは違くて…
五条悟
五条悟
今更言い訳?
これさ、浮気だよね
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
だから…違うって…!
五条悟
五条悟
もういい
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
……………あっそ
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
……………そんないうなら
五条悟
五条悟
なんだよ
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
別れよっか
五条悟
五条悟
……は?
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
じゃあ、お幸せにー
五条悟
五条悟
おいっ…待てよ、あなた
待てってんだろ?!
僕は、五条の声を無視して、そのまま歩き続けた




しばらく、LINEがうるさかったけど、無視した




何が嫌だったかって…




僕の話も聞かずに、勝手に決めつけられて…




何だかんだ、一番話聞いてくれるのに…




それが嫌だったんだ




「もういい」




この一言が、ただただ悲しかった




諦めたような、「もう嫌だ」というような




だから、もう付き合う必要が無いんじゃないか…って
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
はぁぁ〜〜
らいの言う通りだな…
まぁ、僕から離れるから




きっと五条は幸せになってくれるよね




そうわかってても




苦しい、辛い、痛い




…なんでかな
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
なんで、涙なんか…
あぁ、そんなに僕は




貴方が好きだったんだね
________________________
作者
作者
年始そうそう不穏ー!
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
付き合ってからケンカ早くない?
作者
作者
いや、まだ理解しあってないから〜的な
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
おおん…ん?
作者
作者
ま、ちゃんと付き合わせるから!
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
日本語おかしくない?
作者
作者
辞めて下さいよ〜
ずっとやりたかったのよ!この話
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
付き合ってすぐやることじゃねぇな
作者
作者
(ノ≧ڡ≦)☆
ということで、重々ですが…
_碓氷@うすい_(なまえ)
碓氷うすいあなた
これからもよろしくお願いしますー
作者
作者
あけましておめでとう!
五条悟
五条悟
あけおめ〜(忘れてたな(作者が)…)