無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

『君月』441〜445
105
2020/06/13 12:26
*441*





ヒロが向けてくれた笑顔は、




天使かと思うほどで…




ホント…











可愛いかよ…♡





































____





〇:じゃあ、、大毅… お願いね?

シ:おん… でもホンマええのか?

ヒ:〇〇と話し合って決めた事やから、大丈夫!






私たちは、旅立つ準備をした。



て言っても、、持ち物なんて持っていけない…








地球へ戻るのだから…







その決意をしたきっかけは…



テラ。









テ:ママ、、お出かけ?

〇:うん。、、パパとママね、少しの間 いないけど…

テ:どのくらい?

ヒ:う~ん、ママ次第やなぁw





意地悪にニヤけるヒロ…//





〇:もぉ// 、、 ヒロぉ~っ!

ヒ:ふふっ、だってせやろ?





そうやって、腰に手を回すヒロ…






*442*



シ:こらこらぁ~!子供の前でイチャつくな!てか、俺の前でやッ!!!

テ:ヨシヨシ大毅♡

シ:テラぁ〜〜〜っ!俺にはお前しかおらへんっ♡

〇:ふふっ テラぁ? 、、大毅をよろしくね?w

シ:うんっ♡

〇:うん!行ってきますっ!!!








私たちは、、地球へと戻った…































____



カ:〇〇 おはよっ!

〇:カレン~っ♡ あ~っ、会いたかったぁ!!

カ:あぁダメダメっ!久しぶり感出したらダメだって、言われてるでしょ?!

〇:あ~、、そうだった…w





なぜか、私が務めていた会社は、以前と変わらない様子で私を受け入れていた。



これも全て、ルトゥのなせる技。





ホント、、凄いな…







濵:お!おはようさんっ!





そう言って、デスクに着こうとした私の肩に、


ポンっ!と手を乗せてきた!







*443*





濵:お!おはようさんっ!

〇:っ、、 崇裕っ!






私の一声で、崇裕と私の ふたつの部署の人たちが、一勢にコチラに振り向いた!





濵:っ// ぁ、アホっ!

〇:ハッ!ごめんなさいっ!

濵:そ、その罰ゲームは、も、もう終わりや!






崇裕が誤魔化しながら、私をガン見してくる!




怖いこわいっ!!!






〇:あははー、もう終わりですかぁ~、はは…

濵:し、仕事や!仕事っ!!!





"な~んだぁ~"なんて声と共に、それぞれの部署の人たちが、デスクに直った。





あ~、やばかったぁ~っ!!!




ッ!!! や、、、なに…



あの、、、眼差し…






離れた遠くのデスクから、杉本先輩が、



今にも角が出てきそうな形相で、コチラを見ていた!





〇:あはは… ゲームに強くなりたいなぁ…





呟きながら、自分のデスクで縮こまった…








*444*




はぁぁぁ〜〜〜〜っ…


また、パワハラの毎日なのかな…






カ:どんまいっ!ww





ニヤつくカレンが、ウザくて…



なんか…










嬉しかった…ww















____


「ヒ:〇〇~お弁当忘れとる!」

「 〇:え、ウソっ!、、ごめんなさい… 」

「 ヒ:届けにいくな?いつがええ?」

「 〇:じゃぁ、、お昼一緒に食べようよ?」

「ヒ:おんっ!やった!」







少しでも離れてると…



会いたくなる…






「ヒ:へっ?なんか言うた?」

「〇:ぅへっ// 、、 なんもっ!」

「ヒ:ふふっ、可愛ええw 」

「〇:っ// 、聞こえてたんじゃんっ!いじわるっ!」

「ヒ:お昼まで、待ってな?」

「〇:ぅん// 」





私たちは、相変わらず仲良しで…







*445*



昼休み。



ヒ:明日、、休みやんな?

〇:うん!どこかデート行こうよ?!

ヒ:おん、、〇〇が行けたらな?

〇:ん?私?







「ヒ:今夜… 寝かせんと思うから… 」






〇:ッ/// ヒロってばっ///

ヒ:やって、それが目的やろ?

〇:そ、そうだけど…

ヒ:まぁ、、目的なんて関係ないけどぉ~w

〇:ッ// 、、 アホっ//




ポカポカと、ヒロの腕を叩くと、、







チュッ♡






ほっぺにキスされた…//



















____



藤:なぁ?

〇:ビクッ!! 、なっ、なにっ!





いきなり後ろから耳元で話しかけられ、


ビクんッ!!!と肩が跳ねた私。




藤:イチャついとったな?

〇:っ// 、、 見てたのっ!?

藤:あんな、すぐ側の公園のベンチで…w

〇:だってヒロがっ!//