無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

127
2020/11/15

第4話

さーつえい!
あなたside






順番に撮影が始まり松松
から始まりあなただけが
早く終わって楽屋に戻ってきた

九条○○
ひまだな、、、
新人スタッフ
新人スタッフ
コンコン
九条○○
。。。。。
九条○○
(な、なんだろ?)
新人スタッフ
新人スタッフ
ガチャ

失礼します!
突然すみません
先程自己紹介しました
新島といいます!
九条○○
、、
(怖い。どおしよ、)
新人スタッフ
新人スタッフ
あ、あの!
実は僕あなたちゃんの 
ファンなんです!
新人スタッフ
新人スタッフ
握手してもらってもいいですか??
九条○○
ご、ご、めんなさい(小声)
新人スタッフ
新人スタッフ
どうしてですか??
新人スタッフ
新人スタッフ
僕はこんなにもあなたちゃん
のことが好きなのにどおして!
九条○○
ビクッ


スタッフが近づいでくる
九条○○
やめ、て
九条○○
こないでください、、
新人スタッフ
新人スタッフ
なんで!!なんでよ!
そう言って私の上に覆い被さってきた
九条○○
いや!!!
松倉海斗
ガチャ



おい!!!
なにしてんだ!
九条○○
かいと グスッ
海斗は新島さんに殴りかかろうとした
宮近海斗
松倉やめろ!
ちゃかがかいとを止めた
九条○○
グスッ 
グスッ
七五三掛龍也
あなたもう大丈夫だよ
そこで私の意識は途切れた







❤️押して欲しいです!