無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

鬼vs鬼殺隊
シ───(´-ω-`)───ン


我妻善逸
あ、あの。この森静かすぎないですか?
あなた
夜は誰もいないからじゃないですか?
我妻善逸
そう…ですか。



カサカサ



我妻善逸
?!?!
あなた
どうかしましたか?
我妻善逸
な、なんかあっちの方で「カサカサ」って聞こえたんですよ…
あなた
そうなんですか?
善逸さんは耳がいいんですね!
我妻善逸
そ、そんなことないですよ///(初めて善逸さん呼びされたぁ!あなたさん可愛い!こんな可愛い子は俺が守ってあげなきゃ)



タタタタタッ



あなた
こっちに来てますね…
我妻善逸
俺、あなたさんを守れるように全力で頑張ります!
(勢いで言っちゃったけど俺、ちゃんと守れんのか?女の子を??)
あなた
ありがとうございます!
私も全力で倒します!
グゥアアァァァァ!!
(走ってあなた(私)に向かっている)
あなた
フゥーーー))
水の呼吸、壱の型。水面斬り!


ゴトッ

我妻善逸
て、手首が……。
いやぁぁぁぁぁぁ!!
我妻善逸
パタン。
(´-﹃-`)Zz…
あなた
善逸さん?!

大丈夫ですか?
しっかりしてください!
あなた
(どうしたんだろう?
先に鬼を倒した方が良さそう…
被害者を出さないためにも、
善逸さん……ごめんなさい。)
ウグァァァァァァ!!
あなた
(鬼は案外弱そうだから足を切っても直ぐには回復出来ないはず……)
あなた
水の呼吸、弐の型・改、
横水車!



スッ))



あなた
(あっ。避けられた……)
我妻善逸
ムクッ))
あなた
あっ。ぜ、善逸さん?
大丈夫ですか?
我妻善逸
スゥーー))
タッタッタッ))
雷の呼吸、壱の型、
霹靂一閃。
ウア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ッ
あなた
え?!た、倒した?(あの、あの善逸さんが?!怖い怖いって言っていたあの善逸さんが?!)
我妻善逸
……ハッ!!))
我妻善逸
あなたさんが倒してくれたんですか?ありがとうございますぅ!
あなた
私が倒してないですよ。善逸
さんが自分で倒したじゃないですか。
我妻善逸
え?俺は何もやってませんよ?
あなた
いや、凄かったです!
正直こんなに強かったんだ…
と驚いてますよ!!


〜起こったこと説明中〜


我妻善逸
俺そんなことをしていたんですね
あなた
はい。そうなります。
あなた
では、自分では戦っているといった記憶はないのですか?
我妻善逸
ないですね
あなた
そうなんですか…
だったら、またこのような戦いの時に起こったら動画を撮ってあげますね笑
我妻善逸
うわぁぁぁ!!
いいですいいです!!!
あなた
(*´艸`)笑笑
あなた
嘘ですよ笑
戦ってるのに戦いを放棄して動画を撮るなんて酷いですからね笑笑
我妻善逸
あの…
あなた
なんですか?
我妻善逸
急なんですけど、そろそろ敬語で話すのやめません?
あなた
……それもそうですね。
あなた
では、この戦いをおきに敬語で話すのを禁止にしましょう!
我妻善逸
き、禁止?
俺「禁止」までとは言ってないですがいいんですか?
あなた
いいですよ!
我妻善逸
あ。あと、さん付けで呼ぶのもやめませんか?嫌だったったら大丈夫ですけど…
敬語じゃないのにさん付けって言うのは変かなって思ったので…。
あなた
全然いいですよ!
じゃあ……善逸くんって呼ばれるか、善逸って呼ばれるか。
どっちがいいですか??
我妻善逸
どっちでもいいですけど、どっちかと言われれば呼び捨ての方が嬉しいです!!
我妻善逸
俺は……あなたちゃん……でいいですか?
あなた
もちろんです!
では、今から敬語は禁止。呼び方も変更で行きましょう!
あなた
START→→




--------------------------------------------------



ここら辺で終わりますね!

何か言おうと思ったことがあったんですけど忘れてしましました笑

すいません。


前回より長めになってしまいました。

(テスト1週間前というのに勉強せず
小説を書いています。)

今度こそ真面目に課題終わらないと
思ったので、今日から1度投稿を停止します。

11/14の8:00以降にもしかしたら
ただいま〜!!
的な感じであげると思うので

よろしくお願いします┏〇ペコリ


もう1つ報告があります!
👁200超えありがとうございます!!


次回のプチ情報!!
今回の最後にあった通り、敬語じゃなくなり、1度「鬼殺隊」の枠から離れて
あんなことをしたり……








しません笑


遊んだりします!!
(予定ではそんな感じです)


そこで炭治郎や伊之助を出そうと思います!(柱も何人か…)


頑張ります。
作者
作者
見てくれてありがとうございます!