無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会い
(設定がおかしい所があるかもしれない
ですがそこは許してください。)
あなた
急いで帰らなくちゃ!
(あの角を曲がれば近道になるから今日はそっちから帰ろーっと。)
ドンッ
あなた
すいません!!
大丈夫ですか?
???
わぁ?!
こちらこそすいません。
前を見ていなくて…
僕は平気です!
あなた
良かったです。
私の不注意で……
本当にすいません。
???
いえいえ!
僕も悪いので…
あなた
あっ。私、急いでいるので
失礼します。
???
待ってください!
???
最後に名前だけ聞いてもいいですか?
あなた
あなたです
我妻善逸
あなたさん…ですね!
僕は我妻善逸です!
もしかしたらまた会うことがあるかもしれないのでその時は覚えててくれたら嬉しいです…。
あなた
わかりました!
我妻善逸さん…ですね!
覚えておきます。
あなた
では行きますね!
我妻善逸
はい!
名前教えてくれてありがとうございました!あなたさん!


---------------------------------------------------



はい。これで下手なのが十分伝わってきますよね。(変な所があったらすいません。)






次回のプチ情報!!

次からは鬼殺隊としてあなたが出てきますよ!





作者
作者
見てくれてありがとうございます!