第128話

番外編 一周年記念
3,164
2021/05/24 13:39
マリア:、、、ってことは、前回同様に明日にはいなくなってしまうの、、か。

ハンジ:マリア、もう〜!!そんな悲しい顔しないでってば!!

マリア:してません。

ハンジ:その顔を悲しい顔って言うんだよ??

マリア:、、、してません。

三奈:マリアさんがいつもよりなんか明るい、、!!

葉隠:元はあぁいう性格だったのかな、、

響香:なんか、マリアさんの一件冷たい言動もあの人は、、っていうか、あの人たちはよく分かってるみたいだね。

八百万:う、、羨ましいですわ、、、!!

焦凍:マリア、、

ハンジ:えっ、このイケメン誰?!もしかして?!もしかしなくとも?!マリアの?!彼氏?!

コニー:えぇ?!マ、マリアさんがそーいうことするイメージないんすけど?!

ジャン:お前何様のつもりだよ、、

ミカサ:マリアさん、、おめでとうございます。

アルミン:ちょ、待って?!まだマリアさん何も言ってないよ?!

エレン:う〜ん、、髪の毛にしか目がいかねぇな、、

サシャ:なんかエレンとマリアさんの彼氏、どこか似てません??

エレン:どこがだよ?!?!

アルミン:だからっっ!!まだマリアさんは何も、、、!

リヴァイ:どうなんだ、マリア。

マリア:彼氏、、そうね、付き合ってる。

ハンジ:やっぱり!!

アルミン:え?!

ジャン:マジかよ、、

コニー:絶対悲しむやついるよなー。

ハンジ:私のっ、、私のマリアがぁぁぁ!!!!!

リヴァイ:おい奇行種黙っとけ。

焦凍:(彼氏、、、)

マリア:ハンジさん。私はハンジさんのものではありません。

ハンジ:いぃや!!!!マリアは私の!!可愛い可愛いもう、、娘同然の!!

マリア:ハンジさん結婚してましたっけ??もしかしてリヴァイ兵長と、

リヴァイ:おいマリア。お前冗談言うようになったのか。

マリア:え、冗談言ったつもりはないんですけど。

リヴァイ:チッ、、

ハンジ:比喩だよ比喩!

上鳴:お、俺たち空気〜、、

切島:マリアさんのあの顔、、絶対楽しんでる!!

瀬呂:スゲェな、、

焦凍:(、、、確かに、俺たちといるよりも表情がすごい明るいし、、やっぱりマリアはあの人たちの方が、、)

マリア:ハンジさん、、皆も、幸せになってくださいね。

ハンジ:えっ、、なんだよ急に!!

マリア:だって、、明日にはもう会えなくなる。それならば、伝えられる内に自分の気持ちを伝えておかなければ、、後悔はしたくない。

リヴァイ:、、そうだな。

マリア:私はこの世界で幸せになります。なって良いかは分かりませんが。焦凍がいるので、、ですから、皆もなってください。

ハンジ:マリアァァ、、成長したんだねぇ!!

アルミン:(ハンジさん、、、!!)

ハンジ:えっと〜??このイケメン、、焦凍って言ってた??まぁ、君!!絶対マリアを大切にするんだよ?!しなかったら、私がもう異世界からこっちに何がなんでも飛んできて、、、、削ぐから。
『削ぐから。』のところだけ物凄くトーンの下がった声で言うハンジさん。

、、、ハンジさんからこんなにも殺気が、、
リヴァイ:「今回だけ」同感だ。お前、、、マリアを幸せにしてやれよ。しなかったら切り刻んでクソと一緒に捨てるからな。

皆:ゾクッ

麗日:あの人怖い、、

緑谷:マリアさんへの思いがすごいよこの人たち、、、!!!

八百万:大事にされてきたのですね!!

響香:えっ、、そこ?

焦凍:分かってます。絶対に、、一生マリアを大事にします。もう、、後悔はしたくないので。

マリア:、、、

サシャ:今一生って言いましたね?!つまりそれは結婚せんげ、、

コニー:お前黙ってろよ!!

焦凍:っ////

リヴァイ:ふっ、、ならいい。