無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

邪魔者には死を
『何だよ!どうなってんだ!』














私はエリア着くと、上空から様子を見た。












ゾンビが消えていく。












人間がまだ多い。














『ピエロ、ここにもまだあいつらのようなやつがいるかもしれない。いや、絶対居るな。見つけたらすぐに殺せ!必ずだ!』










私は怒っている。












ゾンビを殺すなんて行為を早く止めないと!












私の計画が狂ってしまう。











『分かりました。お任せ下さい。見つけてからでいいんですか?見つけ出すの方がよろしいと思います。』











ピエロが言ってきた。














確かに見つけ出すのが簡単だったらその方がいいかもしれない。














けど、簡単じゃないから。




















見た目は同じ。









普通の人と見分けがつかない。













私でも分からなかった……。












悔しい、憎い、殺意しか沸かない。








『見つけ出せない。見分けつかない。だから、無理だ。』









私がそう言ったが、ピエロは自信満々に言った。















『分かりますよ。骨の構造、筋肉の構造を見れば。』











ピエロはニヤリと笑っている。












『出来るならやってみろ!早く行け!』












私はピエロの言動にすごくムカついた。













私よりも凄いって強いって言いたいのか?












そんなこと思ってないと本当は分かっている。














けど、何かムカついてしまう。

























『早く殺してこい!見つけ出せ!』











ピエロが中々行かなかった為、もう一度命令をした。












『その言葉待っていました。』











そう言って、ピエロは地上へと向かって行った。













早く殺せ!









殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺すんだ!









ゾンビも頑丈なのに、殺せるなんて異常な奴らだ。












早く殺さないと、邪魔になる。













ゾンビでも正気を取り戻せば大丈夫だ。











なのに、何でその選択があると気づかない?












それとも、気づいているのか?














それなら、最低だな。











私も最低、お前らも最低だ!











私のことを言えないだろ!














お前らだってそうじゃん!














私は、全てが終われば、全てのゾンビの正気を返しすつもりなのに……!













なのに、ゾンビになった人を一度殺してしまったら、もうゾンビに出来ない……!















死ぬんだよ。








本当の死だ。






ゾンビになる薬品は二度は効かない。














魔王and殺人ピエロ討伐隊のやっている事は間違っている!








断言出来るさ!







しかも、逆効果だよ!













私を怒らせて、世界は余計に荒れるだけだ!















そのことに気づく奴は居ないんだな。











気づいても、もう取り戻しつかないがな。


















私もそろそろ戦いに行こう。













私は地上へと向かって行った。




















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れいか
れいか
︎︎◌れいかです︎︎◌ 更新頻度は一ヶ月に一回ぐらいです。 受験が控えてるので暫くの間、更新が止まります。必ず戻ってくるので待っていてくれると嬉しいです😊 よろしくお願いします! *連載中*「殺人ピエロ~世界破壊~」 フォロワー限定で《殺人ピエロ~誕生編~》を書き始めました!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る