無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

モテるためには
アヤノ
アヤノ
第1回!
貴音
貴音
バレンタイン選手権!
カノ
カノ
いぇーい
モモ
モモ
今回!
司会を務めさせて頂くのは私!
団員No.5!如月モモです!
ヒビヤ
ヒビヤ
何でモモなの?
ていうかなんでこの時期に
バレンタインなの?
モモ
モモ
んー何となく!
司会が私なのは・・・
シンタロー
シンタロー
どーせモモの誕生日だからだろ
モモ
モモ
正解!
マリー
マリー
バレンタインなのは
貴音
貴音
伸太郎が「モテたい」って言ったから
シンタロー
シンタロー
ちょっと待ってよ
そんなこと言ってねぇよ
キド
キド
言ってたってことにしとけ
モモ
モモ
ルールは簡単!
男子の皆さんにチョコレートを
作ってもらいます!
アヤノ
アヤノ
それを女の子が試食!
ヒビヤ
ヒビヤ
普通逆だよね?
貴音
貴音
そこは気にしなーい!
遥も楽しみだよね!
遥
う、うん!
セト
セト
俺も頑張るっす!
マリー
マリー
セト!頑張って!
モモ
モモ
始めよう
君もまたー
エネ
エネ
無我夢中です!
シンタロー
シンタロー
意味わかんねぇよ
モモ
モモ
皆さん完成しましたー?
カノ
カノ
出来たよー
セト
セト
うっす!
遥
僕も!
貴音
貴音
じゃあ早速見ていくか!
マリー
マリー
まずは!
モモ
モモ
セトさんです!