無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,595
2020/03/27

第6話





『もう、なんなの!!あいつ!!』









男「ちょっと、きみ。」









『(なに、このおやじ。)』









男「今から、一緒に楽しいことしない?」









『はい?』









男「早く来いよ!!」









グイッ









『やめてください!!』









グイッ









『えっ?』









目黒「やめろよ。おじさん。」









男「誰だよ。お前。」









目黒「この子の、彼氏です。」









男「くそっ。」









タッタッタッ









目黒「大丈夫?」









『...ってか、手///』









目黒「おっ!ごめん!」









『あと、勝手に彼女にされてるし。』









目黒「まぁ。いいでしょ?助かったんだから。」








『どうも。』









目黒「ってか、あれ。そらちゃんじゃない?」









『隣、彼氏?!足長っ!』









『そらちゃん!!』









そら「おぉ!あなた!!」









『お隣は、彼氏さん?』









ラウール「あっ、僕ラウールです!」









『足、長いですね。笑』









ラウール「そちらも、彼氏さんですか?」









『いや、この人は友達!』









目黒「目黒蓮です。」









そら「遠くから見たら、ふたりカップルにしか見えなかった!」








『はぁ?』









目黒「まぁ。そのうち付き合う時が来るから。」








『絶対、恵比寿のこと好きにならないから。』









目黒「いや、目黒な。」









そら「じゃ、私たちは、デートなので!」









『ずるいっ!』









ラウ「ふたりもデート楽しんで!!」









『付き合ってませんから!!』









目黒「帰ろっ。」




















































『目黒って、部活なんだっけ。』









目黒「サッカー。」









目黒「あなたちゃんは?」









『私は、バスケ』









目黒「バスケ強いの?」









『まぁまぁかな。いつも、準優勝で。』









目黒「じゃ、次は、優勝目指さないとね。」









『目指してるんだけどね。笑』









目黒「じゃ、また、明日。」









『うん。』









ガチャ(同時に部屋に入る。)
























NEXT