無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
122
2021/06/28

第1話

1話



私には、双子の兄がいる。










兄と私は周りから、『双子の泥田坊』と呼ばれていた。









ある日、兄が夜にどこかに行くのを見た。










私は追いかけた。










そこにはよく分からない動物がいた。










私はどうしていいのかわからなかった。










そのとき










私はそのよく分からない動物に










やられた。










命に別状はなかったが、










口の横が裂けた。










私は『口裂け女』と呼ばれるようになった。










人に会うのが怖くなった。










私は森で一人で暮らすことにした。











✄-------------------‐✄








はじめまして!作者の太郎です!


今までは読む専だったのですが、

自分でも書いてみようかなと思って

初めて見ました!!

初めてなので分からないことも多く

上手く話が出来上がるかはわかりませんが、

見守ってくれると嬉しいです!!

よろしくお願いします^^!