プリ小説

第2話

お昼ご飯。
中島健人
お昼、屋上来て!絶対!ね、!
あなた
ん。りょかい。
こーゆー時は大体告白。

もう、断るの慣れたわ。

しっかし、よく飽きないよねー。

うちなら、断られたらすぐ諦めるわ笑
────────────────────────
はい、昼休みです。←時間飛びすぎ笑
おっひっるー!

お弁当!お弁当!




あ、待て待て、こんなことある?!
はい、この度、中村あなたは、

とっても大事な弁当を忘れましたー

(´>∀<`)ゝてへっ←じゃねーよ!

あー、それに、中島、、、

屋上行こ。
ガラッ
中島健人
あっ!来たー!
あなた
ん。
断るこっちの身にもなれ。

毎回、同じ答えだっつーの。
中島健人
あなた!俺と、、、
あなた
はぁ、何回も言ってるよね、?
しつこいよ、?
中島健人
え、?お昼ご飯誘うの初めて、、、
あなた
お昼ご飯?!
中島健人
うん!
あ、もしかして!告白と間違えたー?
あなた
違うんだけど笑
中島健人
嘘だー!嘘でしょー?
あなた
うるさい。
あ"ぁ"ー!まぢ、意味わかんない!

いつもの流れ的にそう思うのフツーでしょ!!
中島健人
じゃ、ご飯食べよ?
あなた
あ、、、
中島健人
はい!おベント!
あなた
え、?
中島健人
あなたのママに、頼んといたの!
今日は俺が作るから、作んないで!って!
あなた
はぁ?!
あんの、中島大好きババァめ!
中島健人
あなたのママ、綺麗になったねって、言っといてー!
あなた
あのね、中島くん?
中島健人
はい!
あなた
そんなことを軽々しく言うんじゃないよ、?
中島健人
そんなこと、?
あなた
綺麗とか、可愛いとか、
中島健人
あー、可愛いは、あなたにしか言わないからっ!
あなた
そーゆー、問題じゃない。
中島健人
え、じゃぁ、
あなた
もーいーよ、?無理しなくて
中島健人
え、?
あなた
何よ
中島健人
あなたが俺に無理しないで♡って言ったー!やったー!
あなた
おい、♡は付けてねーぞ
中島健人
でもさ!でもさ!嬉しい!
あなた
うるせー
昼でも騒々しい中島。

ホントに子供みたい。笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かぴばらゆーとぴあ。
かぴばらゆーとぴあ。
辞めます。ごめんなさい。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る