無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,277
2021/11/30

第4話

ん。ー

随分寝てた気がするな。
(目を開ける)


あれっ?知らない天井だ。
立花彩
ここどこ…?
小塚和彦
あ、アーヤ!
みんなアーヤが起きたよ!アーヤ大丈夫?
若武和臣
ほんとだ!おいっ、アーヤ大丈夫かっ!?
上杉和典
病室だ、静かにしろバカ武
立花、大丈夫か?
若武和臣
なにお!!バカ杉!もう一回言ってみろ
上杉和典
ああ。一回でいいのか?
黒木貴和
若武、上杉せんせ.そこまでにしとけよ。
アーヤ、おはよう。体調大丈夫?
立花彩
うん!みんなありがとう!でも、なんで私病室にいるの?
美門翼
アーヤ…。
アーヤの目の前で爆発が起こったんだよ。それで意識不明に一時的になってたわけ。
破片とか、刺さってたって聞いたよ…。しかもまる一日眠ってたし。
立花彩
そうだったんだ。ごめんね。
七鬼忍
なんで立花が謝ってるんだ?立花は何も悪くないだろ。
小塚和彦
その通りだよ。
美門翼
っていうか、爆発の犯人が許せないんだけど。
彩にこんなことさせときながら生きてるなんて許せない。
でた...ブラック翼だ


でも、人の事なのに自分のことのようにしてくれる、、翼もみんなも優しいなぁ
黒木貴和
美門と同じ意見だ。
若武和臣
じゃあ、今からKZ7会議を始める
今まで、黙っていた。上杉くんが口を開いた
上杉和典
ダメだ。まだ立花の検査が終わってない。調査はそのあとからでも遅くないはずだ。
すると、
医者
大丈夫だよ。心配しなくても。
実は彼女(彩)が運び込まれたときに一通り検査を行ったんだよね。
お医者さんがおっしゃった
医者
意識を取り戻してからする検査もあるんだが、血液検査だけですぐ終わるからね。
まぁ、結果が出るのは明日以降になるとは思うけどね。
若武和臣
だ、そうだが?ニヤリ(^-^)v
上杉和典
わーったよ。
(日本語訳:分かったよ。)
上杉くんは若干悔しそうにしていた
立花彩
今日って、確か水曜日だよね。みんな学校は?
七鬼忍
あーー!それならみんな休んだから大丈夫だ!
果たして大丈夫なのか?
今回は私も怖かったし、みんなに甘えようかな。
立花彩
あ、ハハ…。
みんなありがとう!゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
kzメンバー
(ドキッ///)
kzメンバー
(心臓に悪い..)
立花彩
あれ?みんなどうかした?
kzメンバー
(なんでもないよ/ううん。なにもない/大丈夫)
kzメンバー
(危なかったぁ)
若武和臣
え"ー、
気を取り直してkz7会議を始める。
上杉和典
7(セブン)いらねーだろ。外せ。
若武は軽く無視をして話を続けた










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どもイカチャンです!

今回は多少雑かもですが、許してください。m(._.)m



それにしてもkzはカッコいいですね...。
私は、箱押しですが、強いて言うなら砂原と、翼が好きかな




あ、あとkzメンバーの紹介はこの次のお話で紹介します。(忍&彩以外の)





今回も見てくださりありがとうございました!

それではまた、バイバイ~です!☆