無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,225
2022/05/10

第3話

放課後



ふぅ、我ながらあの量を40分で終わらせられるなんて、ビックリだな。

先生もあっけにとられてたし..





あーー!忘れてた。早く若武に電話しなきゃ





(電話をかける)


プルルルル📞



若武和臣
もしもし。どなたですか。
良かった。繋がった。
立花彩
もしもし!彩です!
若武和臣
あ、なんだ。公衆電話からかかってくると分かんなくて。
っていうか、いまなにしてんだ?もう少しで会議始まるぞ!
立花彩
あぁ!ごめん。えっと、ね。補習があって..それ、で。
電話かける暇なかった。ごめんね。
若武和臣
七鬼に伝えれば良かっただろ。
なんか怒ってる..?

え、どうしよ。このまま除名になったら
立花彩
忍が早退したあとに補習があるって分かったの。
今から急いでいくから除名しないで!(神様お願いします🙇⤵️)
若武和臣
ん。分かった!急いでこいよ。安心しろ除名なんてしないでやるから

あ、でも来るの遅かったら除名するかもだからな?(www)
急いでこいよ。
ひとまず安心


よし全速力で家に帰って秀明行って、カフェテリア行こう
立花彩
ありがとう!
じゃあまた、後でね。
(遅かったら除名?急がなきゃ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


20分後


よし、家までついた。急いで着替えて秀明までダッシュだ!





ガチャっ

(家からでる)
立花彩
お母さん行ってきます!



よし走ろう!




疲れたぁぁ。けどど除名は嫌だ!よし走ろう!








秀明は実は西の丘花公園を走って行くとすごい近いんだよね
でも、なんか気が引けるからいっつも道路から行ってたんだけど、
今日は除名がかかってるからこの公園を走ろう。許してください!


そう思って走っていいって、公園からもう少しで出る








ところまで来た。



すると普段は誰も使っていないような、薄暗いトイレの後ろ辺りから変な匂いがする。
立花彩
どうしたんだろ?この匂い
そう思って近づいてみると










人影があって

何してるんだろ?と思ってさらに近づくと、





















バーーンッ










もの凄い爆発が起きたかと思うと、大きな火がたちまちトイレを燃やしていた。



立花彩
え?
なにが起こったの?

私は動けなかった。目の前で起きたことが衝撃的すぎて





悲鳴が聞こえたり、逃げろーっという、叫びも聞こえる。泣いている声、怯えている声、



しばらくすると

消防車のサイレンと、救急車、パトカーのサイレンも聞こえてきて、音がだんだん大きくなる





それに加えて、だんだん火も強く熱く勢いを増していた








立花彩
あ..ついな
ぼーっとしていると、


だれかに声をかけられた
声をかけられて、ようやく気づいた。



あ、"動けなかった"んじゃなくて

"動けない状態"だったんだ




足を動かそうとすると足が今までに感じたことのないくらい痛みが走る
足を見ると、赤くなっている。

腫れてるのかな...。


虫に刺されたとか?






あ、違う火傷したんだ
立花彩
いっ、ったいな。
なんで逃げなかったんだろう..。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どうもぉ!イカチャンです!

ちょっと急展開すぎて作者がビックリしています(笑)


今回はちょっと長かったかな?



じゃあまた、ね~!


バイバイ~です!🍀