無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

158
2020/02/23

第22話

優男駿佑くん
あなた

んっ、痛い😣...。

道枝駿佑
あなた~?
あなた

っ、なに~?

道枝駿佑
毛布ってどこやっけ?
あなた

多分、2階の押し入れの中やと思うで?

道枝駿佑
わかった!ありがとう😊
あなた

っでも、なんで必要なん?

道枝駿佑
ちょっと寒いなーって思ったから
あなた

暖房着いてんのに?

道枝駿佑
寒いもんは寒いやん?
あなた

まぁ、そやね!

道枝駿佑
じゃあ、取ってくる~!
あなた

ん~、😣痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い

あなた

なんでこんなに痛いん?おかしいって!!!

あなた

ホンマ、最悪。

あなた

駿に頼むことも出来ひんし…。🥺🥺🥺

あなた

あーっもう!😤😠😡💢

道枝駿佑
戻ってきたで~!…なんか大声で叫んでたけど大丈夫?
あなた

うん、大丈夫!

道枝駿佑
そっか、
フワッ毛布をかける
あなた

えっ?

道枝駿佑
あなた、今日あれの日やろ?
あなた

なんで知ってんの?

道枝駿佑
カレンダーに丸つけてあったから
道枝駿佑
寒ない?大丈夫?
あなた

まだちょっと寒い

道枝駿佑
なら、ちょっと毛布とるで?
あなた

うん

道枝駿佑
あなた、少しだけ起きれる?
あなた

うん、大丈夫

ガサガサッ起きる
道枝駿佑
んっ、ありがとう😊
じゃあおいで?手を広げる
あなた

ぇっ?

道枝駿佑
はよ、おいで?
あなた

んっ、

こんな感じの座り方をソファの上で↓
フワッ毛布をかける
道枝駿佑
ほらっ、これで温かなったやろ?
あなた

うん!

道枝駿佑
これからはちゃんと俺頼ってな?
あなた

うん!わかった!ありがとう😊













❦ℯꫛᎴ❧