無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#3
周りのarmyさん達から「てて」
と呼ばれている人と5秒ぐらい
目が合った
てひょん
てひょん
(え、、、、)
てひょん
てひょん
(この子だ。この子しかいない)
そして、ててはメンバーのところにものすごい勢いで走って行った。
あなた

(え??私なにかしちゃったのかな??)

メンバーの集まっている方を見てみると、ててが何かを話していた。
その話を聞いて他の6人は、
ガッツポーズをしたり、飛び跳ねたりしていた。



ててがまた私のところに戻ってきた。




next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

う ゆ 🐯💋
う ゆ 🐯💋
BTSててぺんです!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る