第24話

第22話
563
2021/07/12 07:48
_空亜@ソア_
空亜ソア
………蓮兎は、さ…
_空亜@ソア_
空亜ソア
親、どこいるの?
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
え?
_空亜@ソア_
空亜ソア
いや…そういえば、会った事ないな〜って
_空亜@ソア_
空亜ソア
子供が入院してたら
来そうじゃん……ね…、
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
……あぁ…、
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
俺、親に見捨てられたも同然だから
_空亜@ソア_
空亜ソア
え、
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
生まれた時から体弱かったからさ
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
それを知ったら即入院させて
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
金だけ払って
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
あとは自由に暮らしてる
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
俺とはほぼ喋った事ない
_空亜@ソア_
空亜ソア
……そう、なんだ
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
まぁ俺は別にそれでいいんだけどね〜



蓮兎は気楽に言う







 






親とほぼ喋った事がない


そんな事、有り得るんだろうか












_空亜@ソア_
空亜ソア
親を憎んだ事、ある?
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
…いや別に
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
ろくに話した事ない人に憎むも何もないでしょw
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
他人同然なんだし
_空亜@ソア_
空亜ソア
…そっか、
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
…誰かを憎めるだけでも、
親を憎めるだけでも、反抗できるだけでも
_蓮兎@レント_
蓮兎レント
幸せだと、俺は思うよ
_空亜@ソア_
空亜ソア
………ん…、






静かに呟いた蓮兎は

少し寂しそうだった















蓮兎が、消えてしまいそうだった








怖かった
















だけど、何も言えなかった




言ったら、本当に、きえてしまいそうだったから














嗚呼…、こんな感情を抱いたのは初めてだ















誰かがいなくなりそうになって

消えてしまいそうになって

怖くなったのは

寂しくなったのは

初めてだ
























私の中で、何が変化したんだろう



















自分のことは何一つわからない
















それが悔しかった




_蓮兎@レント_
蓮兎レント
空亜?どしたの?
_空亜@ソア_
空亜ソア
…いや、別に…、









その日は夜遅くまで話していた






next

プリ小説オーディオドラマ