無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ep*4
外に出ると...










たくさのヨジャが。私のこと睨みつけてくる
ちょん じょんぐく
ちょん じょんぐく
お前も大変だなぁ〜ㅋㅋ
ぺ どよん
ぺ どよん
何が?
ちょん じょんぐく
ちょん じょんぐく
もうめんどくさいから、僕がいう!
簡単に言うと僕らお金持ちなの!
で、そのお金に目が眩んだぶりっ子たちが僕たちのことをこう言うの
''防弾少年団,,
ほら僕たちってかっこいいじゃんじゃん!
ぺ どよん
ぺ どよん
なによ
じゃんじゃんって
私そう言うのに興味ないから
ほら!早く教室行こう!
ちょん じょんぐく
ちょん じょんぐく
いや僕行かないけど?
ぺ どよん
ぺ どよん
え( ˙-˙ )
ちょん じょんぐく
ちょん じょんぐく
僕達一回も授業とか受けたことないから、
もうヒョンたちのいるとこに戻りまーす!










そんなこと言いながら飛び跳ねて帰ってるジョングク君はまるで🐰だった。










私もしかしたら、初日からすごい人たちに目つけられたかもしれません...





🌱🍃🌱🍃🧂
土から出てきた作者
土から出てきた作者
年齢のことなんですけど、
グクが1年
クオズが2年
ヒョンたちが3年 です!
土から出てきた作者
土から出てきた作者
ではあんにょんー

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

잔디🌱
잔디🌱
ありがとうございました。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る