無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

527
2021/09/02

第5話

登校


AM:6:24

(なまえ)
あなた
よし、凛玖斗家ここだったよね?
わからんけど…ま、いいやw



ぴぃぃぃぃぃぃんぽぉぉぉぉぉぉん←インターホン
(なまえ)
あなた
このインターホンどんな音しとんw



シーーーーーーーーーーーーーーーーーーン


(なまえ)
あなた
え、嘘でしょ?こんな音しといて出ないの⁇
(なまえ)
あなた
あいつまだ寝てんのかよ…
(なまえ)
あなた
とりあえずれんらk…ってスマホないから来たんじゃん!!!
(なまえ)
あなた
はぁ…こうなったら…
ドンドンドン←ドア叩く音
(なまえ)
あなた
おーい!!凛玖斗ー!!起きろー!!
これ私完全に変人だね
ドンドンドン
〈何だようるっせぇな!
(なまえ)
あなた
あ、起きた
ガチャ
凛玖斗
凛玖斗
朝っぱらからなんだよ…
(なまえ)
あなた
スマホ忘れたから取りに来た☆
凛玖斗
凛玖斗
あのなぁ…
(なまえ)
あなた
ってことでお邪魔しまーす
凛玖斗
凛玖斗
おい!勝手に入んなや!!
(なまえ)
あなた
あ、あったあった
(なまえ)
あなた
よしスマホもあった事だし…
凛玖斗
凛玖斗
おいちょっと待て
あ、やっべ☆
(なまえ)
あなた
はい?
凛玖斗
凛玖斗
お前こんな事しといてただじゃおかねぇぞ?
(なまえ)
あなた
:(;゙゚'ω゚'):
(なまえ)
あなた
いやぁ…それはちょ〜っと
何としてでも逃げなければ…!!
凛玖斗
凛玖斗
ん?(^^)
(なまえ)
あなた
あ"ー!!はいはい何すればいいんですか?!!
凛玖斗
凛玖斗
それでいいんよw
最悪だ…
凛玖斗
凛玖斗
ん〜…じゃあ
凛玖斗
凛玖斗
俺と朝一緒に登校してくんね?
(なまえ)
あなた
は?あんたこの歳になってまで一人で行けないの?
凛玖斗
凛玖斗
違うわ!ボケ!!
凛玖斗
凛玖斗
はぁ…いつも登校すると周りに女子達が来てぎゃーぴーうるせぇからだよ
(なまえ)
あなた
あーね
(なまえ)
あなた
でもそれ私が一緒に居ても意味ないと思うけど?
凛玖斗
凛玖斗
でも1人の時よりはマシだろ
(なまえ)
あなた
はいはい
(なまえ)
あなた
わかった。
凛玖斗
凛玖斗
あざす
(なまえ)
あなた
じゃあ待ってるから5分で支度してー
凛玖斗
凛玖斗
うーい

____5分後____

凛玖斗
凛玖斗
行くぞー
(なまえ)
あなた
はいよ
(なまえ)
あなた
てかさ、お前って何年なの?
凛玖斗
凛玖斗
は?あなたと同じ高校1年生ですけど?
(なまえ)
あなた
え、まじ?お前らみたいな奴見た事無かったわ
凛玖斗
凛玖斗
んな事あるかよ
(なまえ)
あなた
あるわ
凛玖斗
凛玖斗
( ˙-˙ )
柚輝
柚輝
おっはー
ドンッ
凛玖斗
凛玖斗
おわッ!!
(なまえ)
あなた
うぐぇッ
凛玖斗
凛玖斗
危ねぇなw
柚輝
柚輝
あ、さーせん
こいつ…謝る気無いだろ
柚輝
柚輝
ほら、もうすぐ着くぞ〜
うわぁ…行きたくねぇぇぇぇぇぇぇ