無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

8
白石
白石
はぁ、絶対無理だよ…


エレベーターを待ちながら
さっきの緋山先生からの依頼を考えていた




橘先生が言って、ダメだったのに
私が言って動くわけがないじゃない…






エレベーターが開き、乗り込むと
白石
白石
あっ!!



なんで今藍沢先生に会っちゃうかなぁ…

思わず目頭を抑えた
藍沢
藍沢
どうした
白石
白石
…、い、いや?



チラ

あー、どうしよ。言う?言わない?

チラッ
藍沢
藍沢
なんだ
白石
白石
あ、ううん。


あ!今朝はコンサルありがとう
藍沢
藍沢
午前中だけで、
ホットライン5件はキツイな
白石
白石
なに?心配てくれてたの?

大丈夫よ、
緋山先生戻ってきてくれたし、
それにフェロー達も時期
使えるようになるから

橘先生いきなりあんなこと言うから
私もびーっくりしたの。
大丈夫だから、気にしないで!



ちがう、言いたかったのはこれじゃなーい!
藍沢
藍沢
白石
白石
白石
えっ??
藍沢
藍沢
俺にコンサルの電話してきた、
桜井ってのもフェローか?
白石
白石
え?あーうんうん。
そう、フェロー。

あの子は唯一まともっていうか、
まあ、うん
今度あったら見といて!
藍沢
藍沢
コンサルならいつでも呼んでくれ
白石
白石
ありがとー!いつも助かる



藍沢先生がエレベータが降りると扉が閉まる



ああー、、違う違う
あなたちゃんのことは、濁せたとして…




戻ってきてはさすがに言えないよ…



だって藍沢先生だよ?
私が言っても無理無理

緋山先生ズバッといっちゃってよー、
白石
白石
あ、降りなきゃ…


…!!
痛い…涙




あなたside



プルプルプル
白石
白石
はい、翔北救命センターです
指令センター
勝浦西消防より、高エネルギー外傷で
ドクターヘリ要請です

水上事故、30代男性…


私はすぐさまスマホでCS室に連絡を入れる
あなた

桜井です
ヘリ飛べますか??


はい、了解です!



白石先生にサインを出す
白石
白石
出動します




――――――――――――――――――――――――

緋山side
横峯
横峯
お疲れ様です
緋山
緋山
……はぁ
あなた

緋山先生、
水上事故の高エネルギー外傷で
10分後にヘリ戻るそうです

緋山
緋山
わかった



ピリリピリリ
緋山
緋山
はい
藤川
藤川
緋山こっち来れる??
緋山
緋山
無理、初療室私だけなの、
ここ離れたら医者誰もいなくなる
名取
名取
俺らも一応医者だけどねー
横峯
横峯
クスクス
あなた

はぁ…

藤川
藤川
熱傷の内田さん、ショック状態なんだ
灰谷とCHDFしてるけど、

チラッ…手が足りない。
緋山
緋山
わかった。フェロー
あなた

はい

横峯
横峯
(私?名取先生?どっち?)
緋山
緋山
男も女も全員


MTPオーダーして10:10で、
JATECのプリマリーサーベイくらいは
できるわよね。研修でやったでしょ?


それで異常があったらコールして、
私はICUに行く。
横峯
横峯
はい!
緋山
緋山
あなた、ここ頼んだ
名取
名取
お前、いまの指示わかった?
横峯
横峯
半分くらい??笑笑



はぁ、ダメだ
半分くらいしか分からないなら
もっと危機感持って


準備が遅れて患者が死んだらどうするの
あなた

ふぅ
とりあえず輸血の準備