無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

7


あなたside


あの後、お昼の時間となり
急患も余りいなかったので何か食べることに




私はサラダとスープを注文し、
席を探していると…
緋山
緋山
あなた!こっちおいでよ
あなた

お邪魔します

白石
白石
どーぞー

って!これしか食べないの??
緋山
緋山
あんた、今日みたいに暇な時
めったにないんだから
食べときなさいよー
あなた

ありがとうございます

でも最近食欲なくて…

藤川
藤川
はぁ〜


ため息をつきながら隣のテーブルに座る
藤川先生
白石
白石
17歳で子供かー、、迷うところよね
藤川
藤川
はぁ〜〜
緋山
緋山
リスクもあるけどさー、
これからの人生左右するからね
藤川
藤川
チラッ
はぁぁ〜〜〜
あなた

妊娠って本当にタイミングが
難しいですね…

緋山
緋山
そうね…

なに!藤川
藤川
藤川
え?
いや、別に
緋山
緋山
聞いてもらいたいんでしょ?


すると、椅子をずらしニヤケながら
こっちに来る藤川先生
藤川
藤川
いや実はー、
あいつも妊娠してるみたいなんだ
緋山
緋山
あいつ?
あなた

え!

白石
白石
冴島さん!?
藤川
藤川
ニヤニヤニヤニヤニヤニヤ



嘘でしょ、、




あ、あの時…
なにか悩んでそうな顔してたのは


この事だったのか!!!









inエレベーター
藤川
藤川
なんで言ってくれないのかなぁ
なぁ、お前だったらどう?
緋山
緋山
知らないよ



藤川先生のお悩みはまだまだ続くようだ


喉乾いた、
水のも
藤川
藤川
なぁ、あなただったらどうだ?

藍沢先生との子供出来たら
言わないか?
あなた

ブッ! ゲホゴホゲボ!!!

ちょっといきなり何ですか
言わないことも…ゲホ
あるんじゃないですか

藤川
藤川
なんでだよ、普通言うだろ


まったく何言い出すのか、この人は


てか、なんで藍沢先生の名前が出るの!





え、そーゆーのじゃないからね?
勘違いしないでよ!





さっきので喉に違和感があり
また水を流し込もうとした
緋山
緋山
あんたの子じゃないんじゃん?
あなた

ブッ! ゲホゲホゲホッ



なんでまたそんなこと言うかなー!汗
白石
白石
ちょっと、あなた大丈夫?
これ以上咳したくないし、、


この人たちの後ろに避難しよう



白石先生に大丈夫ですと手で合図し
藍沢先生の横に逃げる
藤川
藤川
冗談でもやめろよ!
藍沢
藍沢
大丈夫か
珍しく藍沢先生も心配してくれている

苦笑いでかえしとく笑
白石
白石
ていうか、藤川先生?
人に言ったらダメだと思う、
そんな大事なこと
藤川
藤川
え?言っちゃダメなの?
緋山
緋山
あたりまえでしょ??
あんた馬鹿なの?
藤川
藤川
えぇ、そういうもん?
あなた

冴島さん怒るんじゃないですかー?

ちょっとからかうと、
藍沢先生に軽く叩かれる
藤川
藤川
ハァ!!!

あいつ、、怒るかな…
緋山
緋山
まーーぁ、一生言われるか
別れるかだね
藤川
藤川
やばいな、、やばいなこれ!
藍沢
藍沢
一つ確認してし良いか、


お前ら付き合ってたのか
藤川
藤川
え?
緋山
緋山
そっから!?


いや、藍沢先生私も聞いたわけじゃないけど
話の流れでさすがに分かったよ



今水飲んでなくてよかった…
がっつり藍沢先生にかける所だった




てか、付き合ってないのに子供できるって
それはダメだろ笑