無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

10



in ICU


また、デジャブだ

白石先生が灰谷に指導している



そういう私は、藤川先生がオペに
入ってるから
またまた、カルテを見ている



それにしても、、
今日の朝みた高速道路の事故

大丈夫だったのだろうか




もちろん翔北の管轄ではないから
そっちのミッションには行っていない


だけど、、やっぱり気になる




自分も高速道路の事故で被害を受けたから
それに大切な家族を失って

独りぼっちになった




私は今度は医者として、同じような現場に
遭遇したら冷静に命を救えるのだろうか


白石
白石
ちょっと、どうしたの?

どこかにぶつけた?
全然手動かせてないじゃない
灰谷
灰谷
あ、、
これは…


乗り物酔いに効くツボ…笑


腱鞘炎になってるじゃん!!
灰谷
灰谷
これはー、ツボを…
白石
白石
ツボ?
灰谷
灰谷
を?
白石
白石
お?
灰谷
灰谷
お、落としそうになって
こう受け止めようとして
ぶつけちゃて…


プッ…
いや何その言い訳ww

白石先生にはとおっちゃうけど
普通は無理だよ





あー、藍沢先生と横峯先生きた
何も無いといいけど
藍沢
藍沢
やってみろ
横峯
横峯
えっ??
藍沢
藍沢
せっかくこんなに患者がいるのに
なんで人形なんかで練習するんだ
横峯
横峯
いや、でも!
藍沢
藍沢
安心しろ、この大量胸水の患者は
意識がない

お前がどんなに下手くそでも
文句を言わない


最高の練習台だ




練習台、、私の中で何がが切れた気がした



高速道路の事故のニュース
あれを見たからきっと敏感になってる
だけだろう



だけど、胸から沸きあがる何かを
止めるすべを私は知らない
横峯
横峯
練習台って、、

患者さんをそんな風に
ご家族の方が聞いたらなんて思うか
藍沢
藍沢
医者は生身の人間で練習する以外
上手くなる道はない
白石
白石
藍沢先生ー、少し言い方が
藍沢
藍沢
ここには腕を磨くのにちょうどいい
重症患者が山ほどいる。

若い医師がわざわざここを
選んでくるのに
ほかの理由があるのか?
横峯
横峯
そんな、、、、、ひどいです。
患者さんは物じゃありません。


藍沢先生は人として最低です!
藍沢
藍沢
相手にしてられないな


もうダメ!我慢できない!!
名取
名取
おい、どこ行くんだよ!


止める名取先生を無視して


2人が睨み合っている、白石先生の前に行った