無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

3

医局
藤川
藤川
いやー、藍沢が来てからの救命
空気悪すぎ。

だから俺は反対したんだよ、
藍沢を戻すこと
緋山
緋山
あんた、大っ賛成だったじゃん
藤川
藤川
あれ?そーだっけ?
あなた

藤川先生調子よすぎ(笑)



自分のデスクに座る。

シニアの先生からは遠いから話聞くだけに
なりそうだ


まあ口出しするつもりは無いけど。
緋山
緋山
まー、白石の生真面目も
どうかと思うよ
フェローなんて罵倒されて
育つんだからさー

藍沢なんてほっとけばいいんだよ
藤川
藤川
だったらお前、
もっと上手くやるように
言ってくれよ!
緋山
緋山
どっちに?
藤川
藤川
なぁ、あなたもそう思うだろ?
あなた

そうですよね。藤川先生、
黒田先生に罵倒されてましたもんね




病室から見てましたからね〜


ショックで感電した時も
同じ部屋に入院したし(笑)
藤川
藤川
あ、おい!
緋山
緋山
ハハハ
ウケる



嵐は急にやってきた
白石
白石
だから、

もう少し言い方が
あるんじゃないのって言ってるの
あんな言い方して横峯さんが
辞めるっていったらどうするの
藍沢
藍沢
あの程度で辞めるなら早い方がいい。
白石
白石
フェローは大事に
育てなきゃいけないの

うちの人手不足を解消するには
フェローを1人前にするしか
ないんだから!


これ、私のいない所でやってほしかった

心が痛いよトホホ
藍沢
藍沢
それで治療が遅れたらどうするんだ。

アイツらを指導してたから
死にましたって
患者の家族に説明するのか
白石
白石
じゃあ、初めから優秀な若手
連れてきてよ!できないでしょ??

救命は今のメンバーで
ベストを尽くすしかないの!


とにかくその、、人を突き放すような
言い方はやめて
藍沢
藍沢
俺は頼まれて救命に来ただけだ
白石
白石
はぁ。そーね
頼んだ私が馬鹿だった


あー、終わった。
白石先生完全に切れてる…

怒らせると怖いんだよなー




藍沢先生は藍沢先生で、シレッと出ていくし
白石
白石
1週間前の私にいってやりたいわ!
あの性格の悪い医者はやめとけって!

はぁ
そうよ、あーゆう人だった



バァン!!!!
緋山
緋山
…!!



緋山先生と藤川先生が、話しかけろと
なんか揉めてるが


私は会釈だけして、医局を出た。



少しだけ、藍沢先生の声が聞きたくなった。


同じ職場だから、こういう面では都合がいい







あー、朝の薬飲んでないや…

てかさっきの大きな音聞いたからか
こころなしか心拍数早いような…