無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

21

それからはしばらく沈黙が続いた



藍沢先生はすごく綺麗な手つきで、
縫合している。
やっぱり、すごいな…





私から話しかける勇気はない。


藍沢先生は、
私のことに気づいてるのだろうか。

私が山車から転んだ時、
白石先生と冴島さんに名前を呼ばれた。


そのあと、藍沢先生に話しかけられたから
気づいたのかと思ったけど、
何も言ってこない




藍沢side


あれから、腕の縫合をしてるが
痛がる様子はない。

まあ、これだけ出血してれば感覚はなくなる


あなたは昔から、痛いのを隠すことがある
それと、考えている時に髪を触る癖。






フッ
未だに治ってないな。




随分会ってない間に、
顔が大人っぽくなったと思っていたが、
まだ変わってない所があって少し安心する。
藍沢
藍沢
縫合終わったぞ
あなた

ありがとうございます

藍沢
藍沢
あとは背中と頭だな



俺が気になってるのはこっちの方だ


ゆうとくんを庇ったのなら、
頭に落ちてくるはずだ。


腕がそのくらいの傷なら、
頭も傷を受けている可能性が高い。
あなた

あ、頭の方は大丈夫です!
もう痛くもなんともありませんし、
血も出てません

藍沢
藍沢
俺は脳外の医者だ。

大丈夫かどうかは俺が決める



相変わらずだ。




上からアプローチしているときに
山車の一部が落ちてきたなら後頭部か
藍沢
藍沢
少し首曲げてくれ


後頭部を見るが、大きな傷ではない。
縫合までは必要なさそうだ
藍沢
藍沢
一応CT撮っておこう
あなた

いや、本当に大丈夫ですから!

藍沢
藍沢
お前の大丈夫は宛にならない


……ハァ


こうなったらもう私の意見は聞いてくれない
藍沢耕作。





CTは昔から何回もやってるから
今更緊張はしない




だけど、、
見ているのが藍沢先生となると
話は別だ
藍沢
藍沢
終わったぞ
脳には異常なかった

だが、これから出てくる
可能性もある
あなた

そうなんですね



やっと藍沢先生の診察から解放されると思い
勢いよく検査台から降りると







背中に激痛が走った
あなた

……!!



思わず顔をしかめた


そして藍沢先生が飛んできた
藍沢
藍沢
背中も痛むのか
あなた

大丈夫って言っても
信じてくれないですよね??

藍沢
藍沢
……
診察室に戻るぞ
あなた

え?いやいや!
藍沢先生も忙しいでしょうし
この程度、平気ですから!



縫合してCT撮ってだから
結構時間はかかっている



藍沢先生だって仕事が残っている
かもしれない



それなのに、これからまた治療だなんて


迷惑かけすぎだ…
藍沢
藍沢
フッ
背中が痛くて仕事が出来なかったら
困るからな

それでコンサルが増えても困る
あなた

なるほど…




藍沢先生に言いくるめられ
さっきいた診察室に戻ったのであった…