無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

14
消防
先生!!大丈夫ですか?
あなた

あ、はい!
消防の方々は怪我してないですか?

消防
こちらは全員無事です!
救出続けます



さて、私もこの少年助けなきゃ



にしても邪魔だなこの腕…



よし、抜いちゃお
たぶん血がもっと出そうだけど、、




気にしてられない!
あなた

…うっ!!

ハァ、フゥ-




案の定出血は増えた

だけど、これで動きやすくなった



横峯
横峯
白石先生!
白石
白石
どうしたの?



焦った横峯先生がやってきた。

患者から目は話さずに、言う
横峯
横峯
中のっ、、山車の家の間に、、ハアハア
白石
白石
ちゃんと言って
横峯
横峯
挟まってるんです!!子供が!!


子供…



この女性の近くに
親子お楽しみと書いてあるパンフレット…



あ、、まさか!
白石
白石
お子さんがいるんですか?

もしそうなら、
私の手を握ってください




弱々しく、指が動いた、

さっき私に訴えたのは
その子の事だったのか!!
白石
白石
その子はどこ?
横峯
横峯
民家の中です
白石
白石
今誰が見てるの
横峯
横峯
桜井先生です!

あ、、
7、8歳の少年。意識レベル低く、
対光反射も弱いと伝えてほしい
って頼まれました。
白石
白石
桜井先生1人なの??

それなら、呼んで!
なんのためにシーバー持ってるの!
横峯
横峯
あっ…ハァハァ



あー、言いすぎた
優しく、優しく
白石
白石
あなたはこの女性を見てて、
バイタルの変化に気をつけて。

中の状況がわかったら、
また指示出すから




横峯先生から治療バッグをもらうも
民家の中に入った




そこに居たのは…
白石
白石
桜井先生、おまたせ


え、ちょっと!?



あなたside



民家に入ってきて、白石先生は
目をまん丸にしてこっちを見てる


少し怒ってるようにも見える…汗
あなた

白石先生!

7、8歳くらいの男の子です。

対光反射が弱く、横からの
アプローチは厳しいです。

白石
白石
緋山先生に応援頼む


緋山先生、そっちどう?
緋山
緋山
太った女性は下肢の開放骨折だけ。

もう1人は脱気したら安定した
白石
白石
小児バッグもってこっち来れる?
緋山
緋山
おっけー、フェローに管理任せて
そっちに行く
白石
白石
緋山先生、こっち来てくれるって
あなた

分かりました!

白石
白石
さて、あなた。

その外傷のわけを教えてくれる?



え、えー!
もう忘れてるかと思ったのに…



んー、どうしよう
怒っていらっしゃる!焦
あなた

たぶん、山車の一部です。
上から降ってきました

白石
白石
傷は腕と背中だけ?
あなた

あー、はい…




頭にも当たったけど、
血出てきてないし大丈夫だよね…
緋山
緋山
おまたせ
白石
白石
ありがと
あなた

緋山先生、上からの
アプローチになります。


挿管します!

緋山
緋山
わかった、サポートする

…あんた、その血なに
あなた

山車が上から降ってきました

緋山
緋山
ハァ
だとしても、これ抜いたでしょ
白石
白石
えっ??
あなた

あーー、なんか長いやつ刺さって
動きずらいな〜って思って(笑)

緋山
緋山
ほんとバカ!

帰ったら縫合ね


うわーやっぱり…
なんて落ち込んでると
緋山
緋山
ほら手元集中して

骨髄針入れよう



集中しよう


出血してる腕は、すでに感覚が
なくなってきてる



それでも、やらなければいけない