無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

16
藍沢side


ヘリポートまで走る。



1秒でも早く、現場に着く

もう時間が無い。
藍沢先生か
藍沢
藍沢
お久しぶりです
ニコッ
現場まで8分だ



ヘリが着陸すると同時に藤川が入ってくる
藤川
藤川
白石と子供は民家の中だ
藍沢
藍沢
わかった
藤川
藤川
チラッ

ニヤ…お願いします!



現場に走ると、緋山が見えた


破水か、、



ドサッ


藍沢
藍沢
緋山、使え
緋山
緋山
さんきゅ


来るならもっと早く来いよフッ
消防
先生!こちらです!


あなたside

腕が、、限界…


痛みからか感覚がない。藍沢先生早く…!!
藍沢
藍沢
レベル下がったの何分前だ
あ、来た。

よかった、、これで…
白石
白石
5分前に100から300に落ちた



藍沢先生が瞳孔を確認する
藍沢
藍沢
脳ヘルニアかもしれない
白石
白石
救出まで20分、病院までもつ?
藍沢
藍沢
無理だな

ここで穿頭する
白石
白石
わかった
藍沢先生が上に登ってきたから、

私は山車から降りようとした。




本当は横にいて見ていたいけど
なんせこんな怪我をしているから


藍沢先生に私のことがバレてしまったら
ややこしいことになる


冴島
冴島
30代女性、救急車で搬送されました。
こっちに入ります。
藍沢
藍沢
メスとドリルくれ
冴島
冴島
はい!



私は周囲に血液を垂らしながらも
山車から降りようとした




冴島さんが来てくれたから
私の出来ることはここにはない



当初どうり駐車場にでも行こうか





少し立ち上がった時、、、

視界が反転した。






ガランガラン

ドーン!!!
白石
白石
桜井先生?
冴島
冴島
あなた!


やば…
ふらついちゃった



それだけじゃない視界がグルグルしている
藍沢
藍沢
腕と背中以外に痛いところあるか
あなた

あ、いえ
大丈夫です

藍沢
藍沢
嘘だな

頭もやってるだろ
そこでじっとしてろ




そういうと藍沢先生は山車のうえに戻った




さすが脳外科医
隠してもバレバレだった




びっくりした、、
あんなに近くで、真正面から

藍沢先生を見たのは何年ぶりだろう





正直、こんな状況なのに



ドキッとしたのはなぜだろうか