無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

25

あなたside



あの後、医局に戻ると緋山先生がいた



だけど緋山先生は、呼びかけに反応無いし
何か考えてる顔してるし、


なんかあったでしょ、絶対
白石
白石
おつかれ
あなた

お疲れ様です

白石
白石
緋山先生、大丈夫?疲れた?
緋山
緋山
あー、そうだね
初日からハードだったからね


とりあえず隣で少し寝るわ
白石
白石
しょうがないなー!
緋山
緋山
なに
白石
白石
いいよ、うち来て
緋山
緋山
え?
白石
白石
その代わり、私の言うことに
従ってもらうからね。家でもここでも

緋山先生には、
手足になってもらうから
緋山
緋山
なにそれ
あんたの下で働けって?
白石
白石
そうよ、だって頼れるから
緋山
緋山
…フフッ

で?あんたの家、部屋いくつあんの?
白石
白石
え?緋山先生はソファーだよ?
緋山
緋山
それここと変わらないじゃん
白石
白石
全然違うじゃん!



緋山先生と白石先生は、
なんだかんだいってお互いのこと
大切にしてるし、、




私もあんな関係になれるといいな
白石
白石
あなたー、その顔
昨日家に帰ってないでしょ



ふと私に話が飛んできたと思ったら
緋山先生はもう仮眠室に入っていた
あなた

あー、帰りそびれちゃって…

白石
白石
もーう、一応けが人なんだからね?
今日からの仕事に支障でたら
どーするのー
あなた

…すみません

白石
白石
あ、そういえば藍沢先生と
話せたんだ?
あなた

無理やり処置室に連れ込まれて(笑)

白石
白石
藍沢先生言ってたよ?

あなたは何も思わず自分を
犠牲にするから

よく見てやってくれって


大事にされてるね



は、恥ずかしい……


なんでそんな話しているの〜
白石
白石
だから、徹夜もほどほどに
あなた

は、はーい



恥ずかしすぎて、しばらくは
顔を上げられなかった








三井
三井
ご迷惑おかけしてすみません。


1番人手がいる時に、勝手なことして
理解してくれて感謝しています

ありがとうございます。



辛かった、三井先生が今にも泣きそうで


三井先生はいつも強いひとだから、
こんな顔は見たくない…
橘
さてと、この話はこれで終わりだ
カンファレンスを始めるか


おーっとその前にもう1つ話がある
え、今度は何



誰もが不安な顔をした
橘
いやいや、安心しろいい話だ


フェローたちに、
新しく加わる指導医を紹介したい
ガチャ


そこへ入ってきたのは、、
あなた

…!

やっぱり黒より青の方が
似合ってる(ボソッ

緋山
緋山
来たよ
藤川
藤川
なんだまた俺と張り合う気かよ




張り合ってはないと思う
今も昔も…笑笑
橘
脳外から来た藍沢先生だ
藍沢
藍沢
よろしく




藍沢side


ほとんど叶うことの無い願い


それでも人は願いを託す



切実な願い


『お父さんみたいな駅員になる』



無邪気な願い
白石
白石
どうして戻ってきてくれたの?
トロント大に行きたかったんじゃ
藍沢
藍沢
行くよ、新海に勝って

夏は脳外の患者が減る。
少ない患者を新海と取り合いになる。

救命にいれば頭の患者は独り占めだ
脊髄損傷なんかの神経系も見れる

症例を増やしてをアピール出来る
いい事だらけだ
白石
白石
フフ 藍沢先生らしい
藍沢
藍沢
それにここには

お前もいる
白石
白石
……??

1人では叶うと信じることすら
困難なこともある。



そんな時はどうする







共に信じてくれる仲間と願えばいい。



『黒田先生の救命を超える救命を作る
絶対に!私たちで!!』








白石side
ピンポーン




藍沢先生が降りて止まる
藍沢
藍沢
おまえは、おもしろい
白石
白石
…えっ??








第1話fin