無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

19


あなたside



もうすっかり日は落ち、夜



あの少年を助けたあと、
藍沢先生と冴島さんの目をかいくぐり
駐車場へと来た




しかし…




まさか白石先生がいるとは

すばやくつまみ出され救急車で
一緒に翔北に戻った

あなた

あ、名取先生、名取先生!



傷が剥き出しでは、見た目痛いので
ガーゼを貼ることに


しかし、片手では上手くいかず…


近くを通りかかった名取先生に頼んだ
名取
名取
お前、これ
こんなに適当でいいのかよ

医者だろー
あなた

血止まってるからいーのー
後は自然治癒力だね

名取
名取
ばーか、絶対縫合だよ
あなた

自分で縫うし…

名取
名取
縫えるもんならな



名取先生がすごくバカにしてくるから
スタッフステーションを抜け
ICUへと入った



とりあえず、今日運ばれた患者さんの
カルテを見よう




目の前で処置をしてもいないし、見たのは
脳ヘルニアだけ


実際に処置したあの3人に負けたくなくて
少しでも知識を吸収するためだ
藍沢
藍沢
こちらです
ゆうと父
あの、ゆうとは
藍沢
藍沢
肋骨が折れ、肺に出血があります。
頭蓋骨の中に血の塊があったので、
手術で取り除きました
ゆうと父
そう、ですか



創外固定に、人工呼吸器

ゆうとくんのお父さんは
見ていられないだろう


でもそれは当たり前で。

自分の大切な家族が、たくさんの機械に
繋がれているそんな状況で
平気でいれる人なんていない。
ゆうと父
ここにいてもいいんですか?
藍沢
藍沢
ここにいてあげてください。

目が覚めた時に1人じゃ
不安だろうから



そう、起きた時にたった一人は辛い。

その瞬間、世界で自分は独りぼっちになる




助けを求める人も、
気軽に悩みをうちあける人も、

やりすぎだと止めてくれる人も、





みんなみんな、失ってしまうんだ。




それを私は知っている





パチッ
あなた

…!!



いま、藍沢先生と目が合ったよーな…



うん、あっちで見よっと
医局行こ!医局!





私が藍沢先生から逃げるように
ICUを出ると
藍沢
藍沢
おい、どこにいく
逃げるな