無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

13
山車の下に挟まってた、、

内臓やってないといいな、
白石
白石
翔北救命センターの白石です、

大丈夫ですか?



その女性は、なにか言おうと
声を漏らしている
女性
…こ、こっ…!!



こ?なんだろう


とりあえず治療を始めよう
横峯
横峯
ワンブロック先の、
スーパー、駐車場



横峯先生、相当焦ってるな…

どうにか落ち着かせないと
あなた

横峯先生、少し落ち着いて!

消防
先生!けが人です!
横峯
横峯
え?
あなた

横峯先生、スーパー行って!
私は民家の方に行く!

患者はどこですか!




そう言い残して、
消防のあとを追いかける
消防
安全確認が取れたので、
中へお願いします!
横峯
横峯
桜井先生!

え、でも私はスーパーに…
どうしよう、はぁはぁ

とりあえず桜井先生とこ行かなきゃ




中に入ると、外の晴れ空は全く見えず
上から木くずが落ちてきている
あなた

ケホッケホッ
だいぶホコリがまってるな

消防
足元気をつけてください!

先生!こちらです!お願いします!




そこに行ってみると、、


7、8歳くらい?
男の子が山車と家の壁に挟まれていた、

ふと外を見ると




え?横峯先生?なんでいるのよ!
あなた

すいません、
家の前にうちの医者がいます。

連れてきてもらってもいいですか?



横峯先生のことは置いといて
目の前の男の子に集中する



この状態で何時間もいたら
脳への圧迫が強くなって、最悪…
あなた

分かるかなー?私の手握れる?
…!!対光反射が弱い

救出急いでください!



体制厳しいな、
上からアプローチするしかない
横峯
横峯
桜井先生…!!
あなた

横峯先生、スーパーは?

横峯
横峯
ごめん、
どうしたらいいか分からなくて…

私一人じゃ…
あなた

7、8歳の少年。意識レベル低く、
壁に挟まれてて頭部から出血、
対光反射弱い

白石先生に伝えて!

横峯
横峯
う、うん!わかった!



なかなかシーバーで言わないから、
横峯先生の方見ると
あなた

え!ちょっとどこいくの!




民家を出ていってしまった

なんでよ、シーバー持ってるでしょ。





パラパラパラ
あなた

木くず増えてる…

まさか!





ガラガラガラガラ

ドーン!!








あなた

……ったぁ、、




上から、山車の1部が落ちてきた。


とっさに子供の上に覆いかぶさったからか
男の子の頭に目立った新しい外傷はない


よかった、、


ただ、私の頭からは血が出てそうだ…トホホ笑




そして、腕に刺さっているのは…
山車についてた装飾??


よく分からないけど、刺さったままでは
処置ができないような…